​不動産を買い替える

 「家族が増え現在のお住まいが手狭になり、広い物件に住みたくなった。」「子供たちが独立し、夫婦二人には現在の家が広すぎるので老後のことを考えて利便性のいいところでマンションに住みたい。」等、ライフステージの変化によって現在のお住まいを売却して新たなお住まいを買いたいということは特殊な例ではございません。

 しかしながら、不動産の買替は住宅ローンの兼ね合いも出てきますと車の買替などのように簡単にはできません。基本的な買替の方法は【売り先行型】【買い先行型】がございます。

 フレンドホームではそれぞれのお客様の状況に沿った買替方法をご提案させていただき、お客様のより良い住み替えのお手伝いをさせていただきます。

  【売り先行型】

 現在のご自宅をまず売却に出し、買主さんが見つかり次第新たな住居を探し購入します。ご自宅の売買契約後に引き渡しまでの期間を少し長めに設定し、それまでに新居を探します。

 売却が確定してから購入へ向かうので資金計画が明確となり安心、安全なお住み替えができますが、引渡までに新居が見つからない場合、賃貸等で仮住まいにする必要があります。

 

現在のお住まいを住宅ローンで返済中かつ、新たな住居も住宅ローンで購入することをお考えの場合、基本的にはこの方法になります。住宅ローンは基本的には2重には組めません。先にご自宅を売却して、売却金でご自宅のローンを返済し、新たな住居の住宅ローンを組むという流れになります。

  【買い先行型】

 こちらは、新居を先に探し、ご希望の物件が見つかれば売買契約後お引越し、その後、元々のお住まいを売却に出す方法です。

​購入物件をじっくり探すことができ、売り先行型のように仮住まい先に引っ越す必要もなく、元々のお住まいも空家状態で売却に出すことできます。 

 しかし、この方法は予算の裏付けがしっかりされている方、もしくは資金力のある方に限られています。現在のお住まいに住宅ローンがない、もしくは新居を現金で購入するといった方のための方法です。

 つなぎ融資を用いた方法もございますが、この方法は元々のお住まいの売却期間が長くなったり、予想の売却金額を下回った場合に買替計画全体に支障をきたす恐れがあり、不動産会社による買い取り保証とセットでご検討いただく必要があると思われます。

査定を依頼する。

TEL:0995-50-0941

メールでのお問い合わせはこちら

 

フレンドホーム  株式会社ナガトモ  

〒899-4332

鹿児島県霧島市国分中央1丁目16番1号

TEL:0995-50-0941  FAX:0995-46-3095  MAIL:friendhome.kirishima@gmail.com

営業時間9:30~18:30  定休日 毎週水曜日