​不動産を売却する際にかかる費用

住まいの売却にも資金・費用の準備が必要です。
下記のようなものが費用としてかかります。

 

 1.仲介手数料
売却が決定し、成約した場合にのみ、その取引額に応じてかかります。
※媒介契約を結んだが、成約できずに売却を断念するなどの場合、仲介手数料はかかりません。

 

取引額が400万円以下

18万円+消費税


取引額が400万円超

取引額の3%+6万円+消費税


 2.印紙税
不動産の譲渡に関する契約書(不動産売買契約書)に必要です。

(取引額によって印紙代は変わります。)

 3.所得税、住民税
売却時の譲渡益に対し、課税されます。ただし、控除制度があります。

​(買った金額より高く売れたり、相続物件で購入金額が不明な場合などは譲渡益と捉えられることが多いです。)

 4.その他諸費用など
ローンの抵当権抹消等の登記。住宅ローンの残債がある場合です。
司法書士への報酬
改装費用など

 

 5.引越し費用

問い合わせの電話を受ける様子

査定を依頼する。

TEL:0995-50-0941

メールでのお問い合わせはこちら